VtoB -6と7のあいだ-

君じゃなきゃ意味が無い

have a 普通の happy vacation!

昨日、BTSが公式の長期休暇を発表しました。
サウジアラビアとソウルコンがあるから、10月までの約2ヶ月かな?ちょっと遅めの夏休みという感じでしょうか。

メンバー7人が、ゆっくり穏やかで楽しく幸せな時間を持てることを心から願っています。
大好きなひとと大好きなところで、好きなだけ好きなことをしてほしい。いったん頭を空っぽにして、BTSのメンバーだということを忘れて、好きなようーに過ごしてほしいです。



デビューして有名になってファンが増える度に、特別扱いが増していって、きっと「普通」がわからなくなることもあったと思います。そして「普通」がうらやましくなることもあったはず。ならない方がすごいと思う、逆に。


「特別」であるからこそ見えることもたくさんあると思うし、それを作品にできるのも「特別」だからだと思います。大多数の「普通」の人にとってそれは手が届かない世界だから、貴重で素晴らしいものだと思います。
でも、「普通」の世界、大多数の人が共有できる世界のものを、才能の溢れた人が切り取って生み出したものも、それと同じくらい素晴らしいものだと私は思うし、個人的にはそっちの方が好きです。その方が、作り手の「特別」感が際立つし、同じ世界に住んでいる親近感も感じるからかもしれません。
だから、「普通」の感覚って大事だと思うのです。

そもそも、親近感が必要なのか?と思うところもあるけど、共感て人を大きく揺さぶる感情のひとつだと思っているので、それを呼び起こす親近感て結構ポイントなのかなと私は思います。
独りよがりな作品からメッセージを受け取れるほど、私の感受性は豊かじゃないし。



で結局何が言いたいかわからなくなってきましたね。



と言いつつまた逸れるけど。
私は彼らの音楽の歌詞がとにかく好きです。音楽的に優れているとか、そういう観点は全く知識がなくてわからないので、とりあえず私にも理解できる歌詞という言語的な部分だけを見たときに、すごく好きだと思ったんです。特に孤独や愛を語る言葉が。とても好きになりました。もちろんメロディーも好きだし、パフォーマンスも死ぬほど好きです。彼らの何が好きかを語るとまた時間かかるので今はやめておきます。


昔からずっと、芸術、アートにおいて、コンクールとか賞とか、何を基準にしてるのか、誰が決めてるのか、そういうのが全然理解できなくて。肯定否定とかそういう意味ではなく、なぜこれが評価されて飾られているのか?、なぜこれの価値が高い、良いとされているのか?、高額で売られていくのか?、わからない。
それぞれの分野を勉強していなければ当たり前だろう!という話なのかもしれないけれど、それらを見て聞いて感じて、心が動いたかどうか、じゃないのかな?と思う気持ちが消えなくて、個人的には賞とかはあまり好きではありません。人気投票ならわかるけど。

その作品が持つどの部分に惹かれて心を動かされたのか、人それぞれだろうし、その心の動き方もそれぞれ。みんな違って良いはずなのに、むしろ動かされない人がいたって良いはずなのに、「この作品はここが良いから素晴らしいのです」と公に言われることに抵抗を感じてしまいます。

あなたはそう思ったのね、なるほど、でも私はそう思わない。
それで終わりで良いのでは?と、思っちゃう。あなたの考え、感じ方、感想は理解できるけど共感はしないかな、否定する気もないよ。というスタンス。
同じ感想を持つ必要もないし、似た感想だったら共感し合えばいいし、お互いの感想を尊重すれば、否定し合うよりよっぽど楽しい気がします。これもまた私の考えですけどね。


あなたはあなた、私は私、それでいい
みんながそう思えれば、世の中少しは喧嘩が減るのかなと思ったりします。
アイドルに全然関係ないですね。


だけど、芸能界、音楽業界って、評価されてなんぼ、という世界に見えます。評価が売り上げに直結する。売れる売れないが致命的な指標になる世界。
(プロからの評価がなくても人気で上り詰める人たちがいることもわかっていますが)

そこに長くいれば、否が応でも自分の感性とか本能的な部分を圧し殺す機会があったはずで、そこから少しでも解き放たれたとき、彼らは世界に溢れた音楽や言葉、自然、物語、、、どんなものを好きだなと感じるのか、すごく気になります。これをやればファンが喜ぶ、とかそういう観点をすべて取っ払って、主観で世界を見て聞いて感じてほしいなと思います。

で、そのほんの一部でいいので、もし良ければいつか私たちに見せてほしいなと思います。
でも、そうだ、大事なこと。そもそも、誰かに見せるためにとか、見せることを想定しなくていいから、見せたいなと思ったときでいいから。むしろ、ぜーんぶ自分の心のなかにしまっておいても良いから。何も仕事のこと考えなくて良いんです。それが一番。
少し休んで、でもやっぱり早く活動したいなと思ってくれたら、とっても嬉しいな。


したいことをしてくれれば、それで7人が幸せならそれでいいです。
今までを見てると、ファンをがっかりさせるようなことをするとは思っていないので、親のような心境で見守ります。親になったことないけど。



でもちょっとだけ寂しいかな。ここは小声ですけど。
勝手に彼らを日々の心の支えにしていて、助けてもらっていて、見るだけで力をもらっていたし、新情報がある度にウキウキしていたので、それがなくなるのはどうしたって寂しい。
でも、今までのたくさんの作品があるので、それを見ましょうか!そんで、specialな彼らがordinary lives of young people in 20sを送れるように、最大限のconsiderationを見せましょう!we never walk alone.

ルー語みたいになっちゃったけど、事務所のコメントの英語が結構好みだったので使っちゃいました。日本語版なかったし。


彼らには
家族と友達と思う存分過ごしてほしい。
ぐーたらして無駄な時間も過ごしてほしい。
好きなところに行ってみてね。
一人の時間も持てるといいね。
好きな子はいるのかな。いたら、その子と甘くて暑くて楽しい時間を過ごしてね。
いま好きな子がいなくても、これからできるかもしれないね。恋とか愛とか、そういうのを味わうのも普通の20代の男の子の夏のひとつだと思うよ。
でも休み明けに色気が増してたら、あなたの色気を育てた見知らぬ子に、ちょっと嫉妬するんだろうな。たぶん。
くれぐれも健康でいてね。体を壊したら好きなことができないから。



では、ソウルコンで会えることを願って!
ちょっとの間あんにょん!


#HappyVacationBTS