オレンジ色の太陽

君じゃなきゃ意味が無い

トニセンがすごいぞ

※V6 tour 2017 The ONESについて、曲名や衣装などのネタバレはありませんが、ステージ構成やMCの内容には触れているので、気になる方はご注意ください。

 

 

「トニセンがすごい」ということをひたすら語る回です。よろしくどうぞ☆〜(ゝ。∂)

今までの記事を読んでくださっている方ならご存知かと思いますが、私は熱烈なカミセン担です。手に持つうちわは岡田さん、目で追いかけるは森田さん、叫ぶ名前は三宅さん、みたいな。まるっとV6が大好きだけど、一緒にコンサートに入る友人もカミセン担なので、カミセンへの比重が大きくなってしまうのはしょうがない。みたいなのが今までの私でした。

 

そう。それが最近変わったんですよ。ていうか、つい最近の仙台公演を終えてからのこの二日間くらいの話なんですけどね。タイムリーすぎ。

何度でも言います。

「トニセンがすごい」

当たり前のようにわかってたつもりだったんですが、今回改めて感じた次第です。遅えよ、というつっこみは甘んじてお受けします。すみません。

カミセンてわかりやすくエリートアイドルじゃないですか。ほら、私ちょろいから。わかりやすいものにわかりやすく落ちちゃうんですよ。でも気づきましたついに。わかってるつもりだったトニセンのすごさに。やっとトニセン担の方々の背中が見えた気分です。でもこれ、背中を追いかけて追い付いてしまったらたぶん、私は次のツアーで今回とは違ううちわを振っているような気がしてなりません。おそろしい。トニングセンチュリーの沼おそろしい。ヒィー(((゚Д゚)))

 

まずね、いのはらさんね。 

「スーパーアイドルひこ」

だった。

(快彦をアレンジして、~ひこ呼びを私もやりたかっただけ)

これなーーー!!!ちょっと前に、いのはらさんのファンサについて書いてる方がいましたが、まさにそれ。私はいのはらさんが答えてくれるようなメッセージ付きうちわを持っていないし、近くの席の人がファンサをもらってそれに被弾したということもないんですよ。でも、スタンドの上の方の席から見てると、いのはらさんが目についたファンサリクエストに対して、手あたり次第(ほめてる)応えてくれているのをよく目にするんですよね。忙しい人だなほんとに(笑)って思うくらい、どんどんやる。ピースかと思えば、投げちゅーしたり、バーンしたり、もうほんとに常に何かしてる。忙しい。でもそれがすべてスマートなの。上から見ていて思うけど、スマートに歌いながら、スマートにファンサするの。常に余裕が漂ってるの。常にあの全開スマイルなの。

もう惚れるじゃん。スーパーアイドルじゃん。

仙台2日目で、突然岡田さんがTシャツのポーズを再現してくれたときも、突然下ろされて転がって本人曰く身ぐるみはがされて(靴を取られただけ)、それでもなおちゃんと歌ってるよ!!この体勢でも、マイクを離さず歌うことを放棄しないでしかもいつもと同じくらいの声量で歌ってるよーーー!!!とか。突然岡田さんに煽られたときも(また発端は岡田さん)、変な自作のダンスだけじゃなくて、ブレイクダンスしてるよこの人!!!!しかもクオリティ高すぎだし長いしなんなの!!!とか。

もう惚れるじゃん。スーパーアイドルじゃん。

毎朝まじめにあさイチの司会者やって、週末はV6ではっちゃけたお調子者になって、歌って踊るときのポテンシャルはピカイチで、今を生きてる井ノ原さん、すごすぎないですか?

どう考えてもV6の面白さの半分はこの人が生み出してるし、前に出る人がいないV6のなかで大体先頭を切って一歩踏み出してくれるのはこの人だし、突然どうした!?系の言動が多いメンバーのなかで唯一まとめてくれる(本人も突然どうした系のときもあるけど)のはこの人だし、マルチな才能って、いのはらさんのことを言うんじゃないかなって私は常々思っています。

いのはらさんはすごい。マルチなスーパーアイドルひこ。

惚れるしかなかった。

 

いのはらさんはひろしポイントためなくても顔パスらしいんですが、私がひろしポイントためるにはどうしたら良いんですかね?ひろしのお気に入りポジをめぐる不毛な争いに私も心のなかではエントリーしてるから。

そう。なーのくんね。

「お手振りの神、ロイヤルひろし」

だった。

これは声を大にして言いたい。現場に行けばわかる。一度でもなーのくんのお手振りを目にしたら惚れるから。断言していい。他の5人ももちろん手を振ってくれるけれど、それらとは一線を画す「ひろしのお手振り」。あのロイヤルな笑顔が必ずついてくるからもう、もう、これは圧倒的な破壊力で客席の2ブロックぐらいは確実に落としてく。爽やかになーのくんが手を振ってくれた後には、「ひろしいいぃぃぃぃ!!!」と叫んだまま涙ぐむファンがあふれます(涙ぐむのは私だけかもしれない)。

なーのくんはあまりファンサうちわに応えていないような印象があるのですが、それはどうでもいいくらい、「ひろしのお手振り」はそれ以上の威力があります(※私調べ)。今までどんな席でも、なーのくんは他の5人に比べて丁寧に手を振ってくれるなぁ(涙)、ちゃんとこっちをしっかり見てくれるなぁ(涙)って思ってたんですよ。今回もそれをひしひしと感じたし、ほんとに涙が出るくらい嬉しかったんですよ。今回は本当に端っこの席だったんですが、そんな端っこでも端っこと感じさせないくらい、なーのくんはすごくたくさん、長い時間こっちに来てくれたし見てくれたし手を振ってくれたんですね。思い出しても泣ける。特に某お手振り曲のときは、1曲の半分くらいを私たちのブロックのあたりを向いて歌ってくれて、他のメンバーは常にぐるぐる回ってるのに、なーのくんは本当にずっとこっち向いて移動せず歌ってくれたんですよ。岡田さんがこっちを向いたとき、私の周辺は皆「お!!珍しく岡田さんこっち向いたんじゃない??」って期待したんですけどね。その瞬間、彼は天井を見上げましたね。「そんな上には何もないわ!!!」っていう心のつっこみがたくさん聞こえてきました。余談です。そんな風に、端っこにあまり長く目を向けないメンバーもいるなかで、なーのくんは違う。博担がたくさんいるのかな、と思って周りを見渡した限りでは、そんなに博担が固まっている気配もなかったんですよね。それなのにこんなにずっといてくれるから、私のブロックの人たちはみんなで「ひろしいいいいいいい!!!」って叫んで全力で手を振っていました。あの時間はみんな博担だった。

来てくれる度にブロック全体が博担でした。

それがロイヤルな「ひろしのお手振り」の威力です。惚れるしかなかった。

 

さて残るは、我らがリーダー坂本くんです。

ここでちょっと待ってほしい。

 

冷静に、冷静にさ、坂本くんてすごくない???(今さら)

 

最年少の岡田さんと約10歳も年齢が離れているのに、同じステージをこなすんですよ。しかも歌うまいからソロパートも多い(たぶん)のよ?ダンスもうまいのよ??

 

やっぱり冷静に考えて、坂本くん何者なの??(今さらパート2)

 

この疑問がふと公演中に浮かんでしまってからというもの、坂本くんから目が離せなくなってしまったんですよ仙台。端っこの席だったから、なんだか裏方からV6を見ている気分になってきた仙台。暗転しててもV6が見えるわけですよ。セットの裏にいるのも見えるわけですよ。ステージの穴が開いた瞬間とか、奈落にいるのも見えるわけですよ。

そうするとね、ステージに出た瞬間、お客さんに見えるようになる瞬間、そこへのスイッチの入れ方が尋常じゃなくかっこいいわけですよ。「切り替えた」瞬間が見えるの。たぶん、コンサート中は常にアイドルのスイッチが入っているとは思うのだけど、ステージからはけて、ふぅーと気を抜く瞬間は必ずあるわけで。そこからの切り替えの瞬間がなんか、プロのすごさを感じて、ベテランアイドルの余裕すら感じて、さらには色気さえ感じてしまう。

これが特にすごいのが坂本くんなの。

どなたかがTwitterでつぶやいていたんですが、今回のコンサートは坂本くんが帝王になる瞬間が2回あるんですよ。これほんとに世界を制してる感がすごい。スタイルお化けと言われるだけあって、坂本くんがメインステージに一人で真ん中に立っている瞬間て、画としての美しさが尋常じゃない。パーフェクトなの。立ってるだけの瞬間がもうパーフェクトなのに、歌も踊りも正統派にパーフェクトじゃないですか、なんか無敵すぎてこわいわけ。

つい当たり前のように、浴びるように、見ているV6のダンスと歌だけど、年々新しいことに挑戦しているしダンスは難しくなるし年齢も重ねるし、ハードなことこの上ないはずなんですよね。それを見せない。そんなものないかのように、無敵感だけ醸してくる。

そんな坂本くんがMCとかお手振り曲になると、そのスイッチが緩まるように見えます。

 

そこよ。そこがよくない。(大事なことなのでフォントを大きくして言いました)

 

そこのギャップのせいで私はここ数日間恋煩いのようになってしまったんですよ……!!!おこ!

ガシガシ踊って美声で歌ってる時の顔も好きなんだけど、お手振り曲の時のふにゃっとした笑顔の殺傷能力高すぎないですかね??

ふにゃふにゃしながら今どんだけの昌担を打ちのめしたかわかってる??って問いただしたくなる気分です。

まず、アイドルとして何でもできるし何でも上手(歌と踊りだけでなくて、「どうしてこんなに、みんなは可愛いんでしょう!」とさらっと言えちゃうアイドルスキルの高さも)。それに加えて、ピアノも弾けるし、料理なんてコーナー持てるくらい上手だし、聞くところによるとミシンも使えるらしいし。あなたにできないことはあるんですか?ってレベルに何でもできる人。

なのにV6にいると、みんなにいじられちゃうし、おじいちゃん扱いされちゃうし、意外とビビりだし、虫が苦手だし。

 

ギャップも大概にした方がいいよ!!??

て話です。

ここら辺までって、わりと以前からわかってたことなんですけど、仙台でファンに向けるふにゃっとした笑顔を見てしまってから、なんかどうも私の様子がおかしいんですよ。

なんか次の日の夢に出てきちゃったし?

私が「仕事行きたくなーい!」とか言ったら、坂本くんに「俺と同じ朝ごはん食べてると思うとちょっと元気でない?」とか言われて、「なんでそんなアイドルみたいなこと言ってるの?好き!!!」つって私が後ろから抱きつくってていうわけわかんない夢見ちゃったし?

夢というか妄想に近いですよね。すみません。私の好みが駄々漏れで恥ずかしさしかないんですけど、でもこういうのを恥ずかしがらずにできるアイテムあったじゃん!!!ラブセンっていう公式アプリあったじゃん!!後ろからハグなんてかわいいもんだったでしょ!今こそラブセンをやりたい。もう一度真剣にやりたい。「……………っ」てセリフ言いたいし、好感度貯めてハッピーエンド迎えたい!!!(ラブセンをやってた人にしか伝わらないネタですみません。)

くそぉ~!!ゆるっとしたざっくりニットを着たまーくんに後ろから抱きつきたいぞ~!!!そんで頭ぽんぽんされたいぞ~!!欲求不満だーー!!ラブセン復活してくれ~!!!!(謎)

 

取り乱しました。失礼しました。

 

そう、話をもとに戻しましょう(?)

薄々みなさんも私が何言いたいか、わかってきたかもしれないですが、

坂本くんて、リア恋枠すぎないですか??

て話です。

油断してると完全にドキがムネムネしちゃうやつ。まぁくん…とか無意識につぶやいちゃうやつ。絶対に現実にはいないんだけどいそうな感じ、私でも隣に行ってもいいかなと思わせてくる感じ、リア恋枠でしかない。こわい。

「ガチリア恋枠、パーフェクトなふにゃっとまぁくん」

だった。惚れるしかなかった。

ていうか惚れた。

 話をもとに戻せたのか戻せてないのか謎ですね。

 

やばい。坂本くんだけ熱量がおかしい。

次回のツアーで私が岡田さんではないうちわを買っていたら、その時は察してください。

 

 

まとめると(?)、

トニセンの現場で発揮される魅力がすごい、という話です。

(無理やりそれっぽくまとめただけです。すみません。)

テレビとか雑誌とか、何かを媒介してしまうとちょっと薄れてしまうけど、トニセンの現場力(?)はすごい。惚れさせの魔法でも持ってるのかな。まじで。

トニセンのダンスの上手さ、安定感て、カミセンとはまた別物で、アイドルって比べるものじゃないんですけど、年齢を重ねたからこその良さみたいなのがあるんですよね。知ってた。いや、知ってたんだけど、実際にちゃんとそのアイドルスキルの高さに直面するとそのすごさに圧倒されるばかりでした。

カミセン担であることは変わらないけれど、何か私の中で大きく変わったことは確かでした。それだけでも仙台に行ったかいがあったなとひしひし感じている今日この頃です。

 

 カミセンとトニセンのそれぞれへの反応のし方って私の場合、結構違うんですけど(下記参照)、これを毎公演やってるから我ながら忙しい。それぞれ違う良さがあるし、カミセン、トニセン、V6って3度おいしいグループってそうそうないですよね。贅沢なこっちゃ~!!

 

カミセンへのかわいい:「かわいいいいいい!!!!(*´³`*)♡

カミセンへのかっこいい:「かっこいいいいい!!!!(*´³`*)♡

カミセンの色気:「まじエロ!!!!(*´Д`*)エロい!!!!!(*´Д`*)もっとやって!!!(*゚∀゚)=3

 

トニセンへのかわいい:「かわいぃぃ………(涙)( ´•̥ω•̥` )

トニセンへのかっこいい:「かっこいぃ………(死)( ºωº )

トニセンの色気:「エロいよぉ~(涙)( ´•̥ω•̥` )エロすぎるよぉぉ…!やめて…(もっとやって…!)(›´ω`‹)

 

 

以上です。

「トニセンがすごい」をひたすら書き散らかす回に長々とお付き合いいただき、ありがとうございました!