読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色の太陽

君じゃなきゃ意味が無い

竹内まりやさんのコンサート

 

 souvenir2014 mariya takeuchi live

 

に行ってきました。母がファンで連れられて、という感じで行ったのですが、帰りにはすっかりまりやさんのファンになっていました。

このコンサートは私にとって人生初のコンサートです。コンサートがこんなにも素敵な夢が見られる時間だとは予想以上だったので、とても興奮し感動しました。会場が日本武道館ということもあって適度な距離感、一体感があり、素敵なコンサートでした。

 

まずは、まりやさんの歌。声が低くて落ち着いているところは、CDで聞いていて好きだったのですが、生で聞いてみてこんなにも低くて深い声だったのかと少し驚きました。でも、やっぱり女性は低くて落ち着いた声の方が素敵です。59歳という年齢のことをまりやさん自身も何回か話題にしていましたが、その年齢にしては声量がすごかったし、3時間も歌いっぱなしができる体力もすごいなと思いました。相当準備してこの全国ツアーに臨んだのだろうなと想像できて、ぽっと連れられてきたような私でも感動しました。歌声に深みと気持ちが込められていて、聞きほれてしまいましたし、鳥肌が立ちました。歌手の生の歌ってこんなにも美しいものなんだと衝撃でしたし、体がしびれるような感じさえしました。無心で手をたたいていました。

衣装も素敵でした。最新アルバムのTRADのジャケットに似たスーツスタイルの衣装にはじまり、どれもまりやさんに似合っていて、品があって素敵な衣装でした。特にアンコールの時に来ていたMのイニシャル入りのセーターはかわいかったし、それとスキニージーンズをあわせて履けるまりやさんのスタイルの良さには、憧れずにはいられませんでした。私もああいう59歳になりたいなとずっと思っていた3時間でした。色々なことを経験して、もう人生の終わりが視野に入ってくるような年齢にさしかかっていて、しみじみと自分の人生や周りの人たちのことを考えて、感謝をする。私は人に恵まれて、とても良い環境を与えられて、今まで幸せな時間を歩んできたな、と思えるような人生に私もしたいなと強く思いました。それを特に感じたが、「静かなる伝説」という曲でした。タイトルを聞いてもわからなかったのですが、実は聞いたことがあって、今回さらに好きになりました。自分の周りにいる伝説、尊敬するひと、そんな人を思いながら聞いてください、とまりやさんは言っていましたが、私にはぱっと思いつく人がいなくて、何かさびしい気持ちになりました。同世代で、この人の考え方すごいな、と思う人はいても、この人のような生き方をしたいと思った人にはまだ出会えていません。私がまだ仕事をしていないというのもあるのかもしれませんが、そういう人生の先輩、生き方のモデルという人がいるのは生きていくうえでとても大事なことだなと強く思いました。来年、本格的に就職活動が始まるのですが、自分がどう生きていきたいのか、何をしたいのか、をよく考えていかないといけないんだよ、とまりやさんに言われたような気がします。

そんな就職活動で少しナイーブないま、涙が出そうになった曲がありました。「元気を出して」です。失恋した人がいたらこれを聞いて元気になって、と言っていましたが、失恋はしていないけど精神的に不安定なところもあった私にはとても元気のもとになったし、がんばろうと思えました。♪涙など見せない の「な」がぽーんときれいにまりやさんから発声されて、すとんと私のなかに落ちてきたような気がしました。幸せになりたい気持ちがあるなら、そのチャンスは簡単に見つかる、と思ってこれからもがんばっていこうと思えました。

あとは、こまごました感想になりますが、バンドの方の演奏もとてもかっこよく美しかったです。特にサハリンこと佐橋さんが演奏していたフラットマンドリンの音はきれいでしたし、宮里さんのサックスは音色が澄んでいて鳥肌ものでした。そしてもちろん達郎さんの演奏と声が格別でした。今日はオーラスということもあり、アンコールをたぶん長めにやってくれたのですが、まりやさんと達郎さんの二人の「let it to me」はハーモニーが美しすぎて、ああこの二人は本当に良いパートナーなんだと有無も言わせないような雰囲気があって、一番印象に残りました。声を出すタイミング、切るタイミング、声の伸ばし方、そういう細かいところがぴったりと合っていて、聞いていてとても気持ち良かったし、惹き込まれました。

 

コンサートというのはハレの日です。日常の大部分をしめるケの日は疲れたり嫌になったりすることもあるけれど、そんな日も好きな歌を聞いてがんばろう、一生懸命がんばって長い人生生きていこう、素敵なおばさんになりたい、そんな風に思えるコンサートでした。まりやさんは今回曲の前に短いMCを入れてくれることが多かったのですが、そのお話がとてもユーモアがあったりしてそれでいてメッセージ性の強いことを伝えてくれていたりして、人生の先輩としてとても良いことをたくさん話していただいたなと思いました。私はあの短いMCが結構好きで、全曲そういうお話があっても良いのにと思いながら聞いていました。

 

まりやさんありがとうございました。とても素敵な3時間をいただきました。コンサートという魔法にかけてもらえました。またぜひコンサートをやってほしいなと思います。まりやさんに向かって楽しそうに手をふるファンの方と、何度もお礼の言葉を言っていたまりやさんの両方を見て、なんてコンサートって素敵な空間なんだろう、歌手もファンもありがとうって思ってるこの空間てとても感動的でかけがえのないものだなと思いました。

ずっと前に読んだ『ティファニーで朝食を』に出てくる、ダイヤモンドは40歳を超えてからでないと似合わないというセリフがあって、このセリフだけは印象に残って好きなのですが、まさにダイヤモンドがまりやさんには似合うだろうなと思って、そんなまりやさんに憧れました。